【やる気が出なくて悩んでいる人へ】やる気が出なくても動き出す方法

はじめに

やらなければいけないことがあるのに、やる気が出ない…

年齢や職業にかかわらず、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

しかし、私たちは毎日、やらなければならないことに追われているのが現実です。

「やる気がない日は充電する日にして、何もしなくて良い」というのが私の持論ですが、そんなことを言っていられないときもあるでしょう。

私自身、生来の怠け者なので、この”やる気”にはさんざん苦労させられてきました。

そこで、「やる気が出なくても動き出せる方法はないものか」と考えたり、調べたりしてきました。

ここでは、私が実際にやってみて効果的だったものを紹介していきます。

軽い運動をする

何時間も激しい運動をする必要はなく、短期間の軽い運動でも効果があります。

私の経験では、5分間の筋トレでも効果がありました。

軽く体を動かすと、気分を上げてくれるホルモンが大量に分泌されます。

気分が上がればモチベーションも上がり、やる気が出てくる…という仕組みです。

気分が下がっているときには、どんなことに対してもやる気は出てきません。

まずは軽い運動をして、気分を上げることから始めましょう。

簡単にできることから始める

やる気がない状態で、難しいことに取り組むことは不可能です。

そこで、まずはやる気がなくても簡単にできることから始めることをお勧めします。

どんなに簡単な作業でも、一度始めてみるとしだいにやる気が出てくるものです。

これは「作業興奮」と呼ばれるもので、その効果は絶大です。

始めから難しいことに取り組もうとせず、少し回り道したほうが、結果的には早くなります。

騙されたと思って、一度やってみてください。

ご褒美を用意する

「ここまでできたらチョコを食べる」といったように、区切りを設定し、その都度自分にご褒美を上げることで、やる気を維持することができます。

ここでのポイントは、「区切りを設定する」というところです。

人間のやる気は、そう長くは続きません。

短期間で終わることであるなら無理に区切る必要はありませんが、そうでないならば適度に区切る必要があります。

一度やる気をリセットするためです。

長期間続けて一度に行うよりは、短期間を何度か繰り返した方が、達成のハードルは低くなります。

また、区切ったほうが、作業効率も良くなります。

自分なりのご褒美を用意して、ぜひ試してみてください。

さいごに

やる気を出すには健康的な身体が必要不可欠です。

上には書きませんでしたが、きちんとした食生活や睡眠時間を確保することで健康的な身体を作ることができます。

身体が健康になれば心も健康になり、「やる気が出ない…」と悩む頻度も少なくなると思います。

この記事が少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
ずっきまるブログ-レクタングル大




ずっきまるブログ-レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ずっきまるブログ-レクタングル大